尖閣諸島での真実



動画は、元・海上自衛官 恵隆之介氏がビデオの真実について語る。


尖閣諸島で逮捕された船長が実は、中国人民解放軍の海軍大佐だという報道がワシント­ンで流れた。ワシントンのラジオ放送WMALの「ジョン・バッチ­ェラー・ショー」というニュース・トーク番組。この番組はバッチ­ェラーというベテランのジャーナリストが司会で、時事問題を主題­に、当事者や専門家のコメントをまじえて進める3時間ものプログ­ラムです。この番組が9月26日の夜に日中の尖閣事件を取り上げ­ました。この番組に定期に登場する中国専門家のゴードン・チャン­氏が「日本で逮捕され、中国に送還された中国人の漁船船長は実は­中国人民解放軍の海軍の大佐だという情報を私は得ています」と語­った。チャン氏はこの情報について「日本の防衛省筋の二人の情報­源から得た」と述べた。

[PR]
# by stavgogin | 2010-11-09 14:29

「ウルトラセブン(狙われた祖国 鳩山星人編)」


[PR]
# by stavgogin | 2010-11-08 18:42 | よもつ文

S・セガールVSクソ民主党内閣


[PR]
# by stavgogin | 2010-11-08 18:37 | よもつ文

死語…そして「瞞天過海(まんてんかかい)」

c0111772_12501953.jpg

昔は普通に「三十六計逃げるにしかず」という言葉が使われていた。現在は、多分死語になっていると思う。そもそも”三十六計”とは何かというと、これは中国の兵法となる。要は、戦において勝つ為の手段が載せられている書物だと思えばいい。

この「三十六計逃げるにしかず」の意味は、生命が危うくなったら、とにかく逃げろと。逃げて生き延びれば、再び戦力を増強し戦に勝つ事ができる。

これは、よく日本人の特攻精神と比較されたが、一般的に西洋の意識にも、特攻という意識は無い。何故なら日本人は”無駄死に”という意識が無いのだが、西洋人にとっての特攻は無駄死に以外の何物でもないからだ。つまり中国もまた西洋の考え方を受け継いでいるものと考える時点で、やはり中国人と日本人の考え方に相異があるのだろう。

確かに中国からは、様々な文化や信仰、そして考え方が輸入された。しかしそれをそのまま適用するのでは無く、更により良いものとして発展させ、独自の日本文化を創り出したのであり、もうこの時点で中国&朝鮮文化の模倣では無いと思う。

話を兵法に戻すが…中国は、名前の通り国の中心であるという意識が、かなり高い。要は世界で一番優れていると勘違いしているし、自国の文化にも誇りを持っている。だから当然、この兵法である「三十六計」というものが現代でも通用すると思っているらしい。いや実際、通用する
だろう。。。

その「三十六計」「瞞天過海」というものがある。瞞天過海とは「敵に繰り返し行動を見せつけて見慣れさせておき、油断を誘って攻撃する。」というもの。自分の持っている本には、こういう例が紹介されていた。ある犯行を実行する為に、かなり前からその地域に住みついて、住民に顔を覚えて貰い、親しまれながら生活する。そうして、その日常に溶け込んだ頃に、兼ねてから計画していた犯行を実行した事件が紹介されて
いた。

この「瞞天過海」を考えると、例えば名護市に当選した某市会議員は、皇太子夫妻を“襲撃”し実刑判決を受けた元活動家が、その名護市に移り住んで、前歴を隠し、良い人というイメージを植え付け地域に密着し市会議員に当選したというのは、これもまた「瞞天過海」だ。この後の名護市に、更なる事件が起きるかどうかはわからないが、予断を許さないのだろう。

また中国の”国家総動員法”は、まさに「瞞天過海」。あらゆる国に住み付いた中国人に、日本で言えば「いざ!鎌倉!(これも死語?)」と号令をかけるもの。これは日本人女性と結婚し、日本に住んでいても関係無いものだ。要は、愛国心を強要する法律だ。蛇頭でもわかるように、中国系は執拗だ。裏切ったら、とことん追いかけて、裏切り者は罰する。ノーベル平和賞を受賞した中国の反体制作家、劉暁波氏の親族が次々に拘束されているのは、中国の徹底した執拗さを感じるものだ。

とにかく兵法「瞞天過海」を日本国内で実行するのは、日常に溶け込んでいる中国人だ。それは長野オリンピックの時に、既に証明されている。
[PR]
# by stavgogin | 2010-11-01 13:03 | よもつ文

自慢話

c0111772_1141666.jpg

以前、泊りに来た自称霊能力があるという女性の話…。


「いやぁ、今日は大変でした。途中河童が出てきて、

             私の足を掴んで離さないんですよ♪」




こういう話をされると宿の人間として、何と答えて良いのかわからない。世の中に自称霊能力者、もしくは霊感が強いという人間は山ほどいるが…。


「あなたの後ろに女性の姿が!!!」



一般人には見えない?霊という存在を「あそこにも!」とか「ほら、あの柱の陰から…。」というのも、一つの自慢話にならないだろうか?


また夏の恒例?怪談話にも、あきらかに自慢げに自身が体験した怪談話をする奴がいる。話し方にもよるが、どう聞いても大袈裟すぎて胡散臭い。しかし時期が時期だけに、怖い怪談話を語れる人物がヒーローになれる季節でもある為に、頑張るのだろう。

そういう意味で考えると、芸人の稲川淳二ってのは、怪談の自慢話で生活しているようなもの。しかしこの程度なら、容認してもいいよなぁ。可愛いもんだから(^^;

何となく許せないのは、テレビなどに出演する”自称霊能力者”って、何であんなに太ってるんだ?自分の勝手なイメージだが、霊能力者ってのは、何となくストイックなイメージがあるのだけど、テレビに出演する霊能力者ってのは大抵、美味しいものを沢山食べているだろう体型だ。とても修行して身に付けた霊能力という気がしない。だから自分はテレビに出演している霊能力者達を大嘘つきの連中だと思ってしまう。。。。。
[PR]
# by stavgogin | 2010-10-31 11:08 | よもつ文

ソフトバンクの犬トイウモノ

c0111772_11422199.jpg

ソフトバンクの犬のお父さんの裏情報に、嫌なものがある。朝鮮&中国系では卑しいものに対し”犬”という言葉を使うというのだ。実は犬を調べると西洋のキリスト世界にも、犬は卑しいものと云われる。

【マタイの福音書7-6】

「聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らは
 それらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであ
 ろう…。」




「豚に真珠」という諺は、この「マタイの福音書」からきているのだが、ここには犬も卑しいものという紹介が成されている。

犬の原型に狼という存在がいるが、ヨーロッパでも狩猟民族時代、狼が満月の夜に集団で狩りをするのを人間が垣間見、それに倣って狩猟を覚えたという説がある。ついでに言えば、人間の遺伝子に組み込まれた狩猟民族時代の獣性が満月をきっかけに甦る為に”狼男”の伝説が生まれたと云わ
れる。狼男はともかく、犬の原型である狼が、人間の生きる術を教え、神として信仰された歴史は、西洋にもあった。

しかし人類は文化的進歩を経て、その狩猟そのものを野蛮な行為と考えて否定する傾向を見せていた。例えば日本で云う狩猟民族である蝦夷や熊襲などを卑下する傾向が歴史に刻まれている事実がある。この「マタイの福音書」の一説も、元々土着の宗教や文化…例えばケルト文化とか、ギリシ
ア神話の世界、北欧神話の世界を邪教とし否定し、唯一絶対な宗教としてのキリスト経を広げる意図もあったという。

ところでその犬の文化だが、世界で犬好きで有名な国は二つある。一つはイギリスで、これはキツネ狩りという貴族のスポーツの良きパートナーとして犬を尊んでいる文化からきている。もう一つは、中国だ。中国は”食べる”という前提で犬を好きなのだという。今でも中国で犬を飼うと、い
つのまにか盗まれて食べられてしまうのだと。

実際あった笑い話というか、ブラックジョーク的なものに、イギリスの大使館員と中国の大使館員が仲良くなり、今度生まれてくる子犬を貰ってくださいとイギリスの大使館員が中国の大使館員へ申し出たところ「喜んで♪」となったらしい。その半年後、イギリスの大使館員が中国の大使館員
に再び出会い「犬はどうでした?」と聞いたところ、中国の大使館員は「大変美味しかったです♪」と言い、トラブルに発展したのだと。

日本の遺跡に、縄文遺跡と弥生遺跡があるが、狩猟民族であった縄文遺跡からは犬は人間と一緒に埋葬されているようだが、弥生遺跡からは、犬は他の食料のゴミ捨て場のようなところから発見されているのだと。

弥生系は朝鮮半島から来た、民族だと云われる。今でも韓国では犬を生きながら、韓国の大家族の中で殴って殺し、皆でその犬の肉を食べる。この韓国の犬を食べる文化が西洋人を刺激するからと、以前行われたサッカーのワールドカップの期間中、犬を食べる事を禁じたというのは有名な話。

昔話に「花咲か爺さん」というものがあり、良いお爺さんは犬を大事に育て、その犬から宝物の有りかを聞いたりして家が裕福になる。しかし、隣の悪い爺さんは、その犬を強引に奪い、果てはその犬を殺してしまうのだが、本来は殺した犬を食べてしまうのだと。つまり「花咲か爺さん」の物語は、縄文人と弥生人の違いを訴えている話でもあると云われている。つまり縄文人の視点に立った物語なのだろう。

ところでソフトバンクは中国資本の会社である。そのCMが家族のお父さんであるものに犬を使用したのは、日本人にとって犬は親しまれる存在であるが、中国&中国にとっての犬は、卑下する存在である。だからあの、ソフトバンクのCMは、中国&朝鮮側が日本人を馬鹿にし、ほくそ笑んで
いるという噂があるようだ。
[PR]
# by stavgogin | 2010-10-30 11:46 | よもつ文

現政権、民主党内閣の面々の反日履歴

■内閣総理大臣
菅直人
東京都18区

・日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
・在日韓国人政治犯の釈放に関する要望署名
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・国旗・国歌の法律に反対票
・アムネスティ議員連盟
・外国人参政権賛成
・「菅談話」に閣僚として署名


■総務大臣
片山善博

・元鳥取県知事、人権擁護法案推進&手続きに関する条例を作る。
・外国人参政権推進派
・朝鮮語ぺらぺら
・北朝鮮からの感謝状を大切に飾り、公用車を全部韓国車に変えようとして反対され、とりあえず無理矢理自分お車だけ韓国車に。
・日本海を「朝鮮東海」と呼ぶ。


■法務大臣
□内閣府特命担当大臣
□拉致問題担当
柳田稔
広島県(参議院)

・基幹労連政治顧問(民社系)
・連合広島政治顧問
・外国人参政権推進
・北朝鮮経済制裁に賛成
・参院厚労委員長であり「子供手当て法案」を強行採決した張本人。丸川議員に「この愚か者めが!」と言われた人


■外務大臣
前原誠司
京都2区

・中国人訪日観光ビサ緩和
・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・日朝友好議員連盟
・日本会議国会議員懇談会
・朝銀問題を考える超党派の会
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・国旗・国歌の法律に反対票
・外国人参政権賛成
・「菅談話」に閣僚として署名
・「拉致問題が前進していなくても、北朝鮮に支援すべき」

・うさん臭い前原大臣のこと
⇒http://mixi.jp/view_diary.pl?guid=ON&id=1566095445&owner_id=23996125


■財務大臣
野田佳彦
千葉4区

・「菅談話」に閣僚として署名
・「子ども手当満額支給は困難」
・外国人参政権「明確に反対だ。外国人が帰化の手続きを簡略にできるようにすればいい」
・「(普天間)県外移設は実質的にはないと思う」
⇒http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100130-OYT1T01154.htm
2010年1月31日


■文部科学大臣
高木義明
長崎1区

・日韓トンネル研究会顧問
・日韓海底トンネル推進議員連盟
・日韓議員連盟副幹事長
・北京オリンピックを支援する議員の会所属
・日朝友好議員連盟
・人権政策推進議員連盟(副会長)
・人権侵害救済法推進
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・地方参政権(定住外国人の選挙権のみ)
・外国人参政権賛成
・支持団体
⇒日本労働組合総連合会 - 部落解放同盟
・議員連盟
⇒在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・国旗・国歌の法律に反対票


■厚生労働大臣
細川律夫
埼玉3区

・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・日朝友好議員連盟
・旧社会党議員
・衆議院法務委員(理事)
・二重国籍推進
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・国旗・国歌の法律に反対票
・金正日総書記推戴の祝賀宴参加
・地方参政権(定住外国人の選挙権のみ)
・外国人参政権賛成
・戦後処理に関するPT参加議員
・児童ポルノ規制推進
・新時代娯楽産業健全育成プロジェクトチーム(副座長)
・日本版US-Visit法反対に関する院内集会(代理出席)
・(不法滞在のフィリピン人家族問題に関して)「私が法務大臣なら、彼らの滞在を許可するために手を尽くす」
・在留カードの常時携帯「全く理解できない」


■農林水産大臣
鹿野道彦
山形1区

・三宅雪子に足引っかけた奴
・パチンコチェーンストア協会
・元秘書が収賄罪で逮捕
・サラ金屋とも懇意
・外国人参政権賛成


■経済産業大臣
大畠章宏
茨城5区

・日韓議員連盟常任幹事
・日朝友好議員連盟
・恒久平和議連
・旧社会党議員
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・歴史リスクを乗り越える研究会(呼びかけ人)
・国旗・国歌の法律に反対票
・金正日総書記推戴の祝賀宴参加議員
・特定連合国裁判被拘禁者等に対する特別給付金の支給に関する法律案(提出者)
・民主党拉致問題対策本部
・外国人参政権賛成
・人権政策推進議員連盟(副会長)
・在日中国人朝鮮人擁護派
・日本の労働者関係の法律提出ゼロ、在日優遇法案提出のみ


■国土交通大臣
馬渕澄夫
奈良1区

・東京裁判史観(自虐史観)を永久に 固定する言論弾圧法案(国立国会図書館方)賛成
・「公共交通機関安楽死論」
・外国人参政権賛成
・外国人参政権反対
・人権擁護法案賛成
・2枚舌で有名


■環境大臣
松本龍
福岡1区

・部落解放同盟副委員長
・人権擁護法案推進派
・人権政策推進議員連盟(副会長)
・日韓議員連盟常任幹事
・部落解放の父、松本治一郎の孫
・新政局懇談会
・旧社会党議員
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・国旗・国歌の法律に反対票
・外国人参政権賛成
・戸籍法を考える議員連盟(呼びかけ人)


■防衛大臣
北沢俊美
長野(参議院)

・「永住外国人の地方自治体参政権問題についての研修会」出席議員
・「菅談話」に閣僚として署名


■内閣官房長官
仙谷由人
徳島1区

・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・旧社会党議員
・人権侵害救済法推進
・国立追悼施設を考える会(発起人)
・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・ラーの会(ビビンバの会)
・大阪経済法科大学客員教授
・外国人参政権賛成
・「菅談話」に閣僚として署名
・チュチェ(主体)思想研究会のセミナーへ祝賀メッセージを送付
・外国人/移民などの問題について「3年なり5年なり実績を積めば、市民権の保証を行うことが重要」


■国家公安委員会委員長
□内閣府特命担当大臣
□消費者及び食品安全
□少子化対策
□男女共同参画
岡崎トミ子
宮城(参議院)

・超A級売国奴の国賊
・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・新政局懇談会
・戦時性的強制被害者問題解決促進法案
・二重国籍推進
・歴史リスクを乗り越える研究会(呼びかけ人)
・国旗・国歌の法律に反対票
・平頂山事件に関し日本政府に公式謝罪を要求した議員
・外国人参政権賛成
・旧社会党議員
・リベラルの会
・児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案
・『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を要求する緊急集会参加議員
・「慰安婦問題解決オール連帯ネットワーク」旗揚げ集会(メッセージ送付)
・人権政策推進議員連盟(副会長)
・元慰安婦女性らの「水曜デモ」に参加
・(人権擁護法案に関連して)受刑者の人権も考慮するべき
・従軍慰安婦問題、解決に向けて決意を表明
・国会をさぼって日本国民の税金を使って韓国まで出向き、反日デモに参加
韓国に出かけて、大使館職員に散々接待案内をさせておいて、挙げ句の果てに日本大使館前で日の丸に×書いて「従軍慰安婦デモ」に参加して激励の演説。


■内閣府特命担当大臣
□金融郵政改革担当
自見庄三郎
比例(参議院)
国民新党

・日朝国交正常化推進議員連盟(副会長)
・朝鮮半島問題研究会(副会長)
・日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(座長)
・日韓トンネル研究会
・国籍法改正慎重派
・参議院本会議で国籍法改正に反対
・全国貸金業政治連盟パーティ券購入
・戸籍法を考える議員連盟
・憲法20条を考える会(事務局)
・政教分離を貫く会
・朝鮮学校無償化推進
・外国人参政権反対一万人大会(出席)
・哨戒艦沈没事件は「捏造」とする朝鮮総連大会に出席
・「菅談話」に閣僚として署名


■内閣府特命担当大臣
□経済財政政策
□科学技術政策
□宇宙開発
海江田万里
東京1区

・パチンコチェーンストア協会
・人権擁護法案賛成
・永住外国人地方参政権賛成
・中共のチベット侵略肯定
・媚中議員
・民主党娯楽産業健全育成研究会
・日朝友好議員連盟
・恒久平和議連
・国旗・国歌の法律に反対票
・金正日総書記推戴の祝賀宴参加議員
・外国人参政権賛成
・小沢訪中団参加議員


■内閣府特命担当大臣
□国家戦略担当
玄葉光一郎
福島3区

・国立国会図書館法の一部を改正する法律案
・組閣後の省庁会見で会見室に設置された国旗へ一礼しなかった
・日韓併合の首相談話について「補償の話が蒸し返されてはならない」と申し入れ
・「菅談話」に閣僚として署名


■内閣府特命担当大臣
□公務員制度改革
れんほう
東京(参議院)

・選択的夫婦別姓賛成
・組閣後の省庁会見で会見室に設置された国旗へ一礼しなかった
・「菅談話」について閣僚として署名
・外国人地方選挙権付与反対
[PR]
# by stavgogin | 2010-10-22 01:14 | よもつ文

日本が朝鮮半島にしてきた事。。。

1 朝鮮半島の人口が2倍に増えて
2 24歳だった平均寿命が30年以上伸ばされて
3 人口の30%を占めていた奴隷が解放されて
4 幼児売書や幼児売買が禁止されて
5 家父長制が制限されて
6 家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
7 度量衡が統一されて
8 忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められ
9 朝鮮語数育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれて
10 5200校以上の小学校がつくられて
11 師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられて
12 239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がって
13 大学(帝国大学)がつくられて、病院がつくられて
14 カルト呪術医療が禁止されて
15 上下水遭が整備されて
16 泥水すすって下水垂れ流しの生活ができなくなって
17 日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
18 朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されす、内地の勤労動員だけで済まされていて
18 志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同じく英霊として祀られてしまって
20 100キロだった鉄道が6000キロも敷かれて
21 どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれて
22 会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換して
23 二階建て以上の家屋がつくられるようになって
24 入浴するよう指導され
25 禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられて
26 今あるため池の半分もいまだに日本製で
27 道路や川や橋が整儀されて
28 耕作地を2倍にされて
29 近代的な農業を教えられたせいで、1反当りの収穫量が3倍になってしまって
[PR]
# by stavgogin | 2010-09-28 09:17 | よもつ文

島の法則

c0111772_5552429.jpg

以前読んだ本に「島の法則」というのがあった。作者は、何故にガラパゴス島の草食動物達が巨大なのかに着目した。要は天敵がいないから、ゆったり過ごせる草食系動物が大きくなったと結論付けている。この”島の法則”とはどんな場所にも定義付けられるものだ。例えば、家庭内での生存競争だ。妻に勝てない旦那は、肩を降ろし縮こまって小さくなってしまう。

逆に亭主関白の家庭では、旦那が大きな顔をして過ごすのだが、ポックリ死んでしまった後は、天敵がいなくなった妻の態度と体が大きくなり、長生きしてしまう。。。

とにかく自らの成長を妨げる”天敵”とは、人生のあらゆる場所に存在するのだ。幼稚園時代・小学校時代・中学校時代・高校時代・大学時代・社会人時代。またはご近所&区の活動やPTAなどの集まりの中で、必ず自分にとっての天敵とは存在するものだ。その天敵の前では、発言すらままならない。言いたいことも言えずに、隅で小さくしていなければならない。そういう存在がいるからこそ、自らの存在が大きくなれないトイウモノが”島の法則”だ。

しかしこれは、自らが天敵になりそうな相手に勝負をしかけないで、心の片隅で『負けた…勝てない…。』という意識から作り上げた”島の法則”なのだろう。ただ理屈ではわかっていても、何故か勝てない存在というのが、この世にはいるもの。というか、天敵がいた方が、天狗にならずに、すむのだろう。

「皆様…天敵、いますか?」
[PR]
# by stavgogin | 2010-08-29 05:59 | よもつ文

蝶という吸血鬼

c0111772_1939116.jpg

笠通山でたまたま、黒アゲハ蝶に遭遇した。その黒アゲハ蝶は、地面に落ちている獣の糞に、ハエと一緒に寄って来ていた…。

蝶というものは、花から花を飛びまわり、蜜を吸って生きていると思っているが、実は花の蜜だけでなく、こういう獣の糞や死体にも寄って来て、体液などを吸って生きている。つまり”吸血鬼”
みたいな昆虫だ。

蝶は、越の国(新潟辺り)では”夢虫”とも云われ、夢の中で飛びまわり、人の寝ているところに近寄り、鼻の穴から入るとも云われる。これは多分、死人に寄ってきた蝶を見て創作された話かと思うが、とにかく糞や死体について体液を吸う蝶は、生きている人間の血をも吸うようである。

綺麗なバラには棘があるといういうように、世の中の見た目が綺麗なものトイウモノには…要注意かもしれない(^^;
[PR]
# by stavgogin | 2010-08-28 19:42 | よもつ文